極釣会ロゴ     〜本拠地五島列島!釣りの極みを求め続ける会〜
 
トップページ活動内容釣行日記メンバーの紹介です。メンバーのみ見れるページです。
 

 

釣行日記

会員の釣行記を熱く語っていただきます!

随時更新予定

タイトル 内容
2012年10月12日 シーズン始めの釣行記(会長)
大会レポート 2012年年明け早々、第6回極釣カップ争奪グレ釣り大会、極釣会福岡支部(TEAM・KIWAME)
大会参加レポート 2011ドリームオープンカップ磯に出場しました。
いつかの釣行日記 いつだったかハッキリわからないが、サンプル的に載せてみました。

 

   
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2012年10月12日

10月12日、天候は晴れ、潮は中潮、北北東の風で、波高2.5の条件での釣行に行ってきました。

沖縄付近にある台風の影響か、時折、波幅20メートルほどのウネリがあり、少々ヒヤリとした場面もあったが、釣りに支障はなかった。

今シーズン初!のクロ釣りとあって、何かしら忘れ物があること間違いなし(苦笑)

肝心のパン粉と、タオルを忘れていたが、これだけで済んだので、我ながら優秀かも(笑)

 

さて、今回の釣行場所は、富江方面の小鯨瀬に行ってきました。

まだまだクロ釣りには早いエリアでの釣行に、あまり期待せず、午前6時に磯に降り立った。

風をさえぎるものがない小鯨。

防寒着を着てきて正解であった。

寒くて釣りにならないなんて笑えないし。

仕掛けを作り、撒き餌さをブレンドし、準備完了にて、海に一礼!

まず、全層で調べてみる。

一投目。

木っ端尾長グロ。

2投目

木っ端尾長グロ。

何投しても、中層から上には、木っ端尾長グロだらけでした(-_-;)

  

仕掛けをチェンジ!

全層釣方のまま、仕掛けの沈下速度を上げ、道糸を操作しながら、ウキのわずかな当たりを待った。

ジワッと沖に出る潮に乗り、潮壁に当たったとこで、潜り潮でのウキの当たりではなく、もぞもぞした当たりをとらえ、軽く合わせをいれる。

グォーと竿が曲がっていき、ズッシリとした重量感が伝わってきた!

クチブト発見!!

竿、仕掛け、ともに細いので、慎重に上げて、タモ入れ成功!

40オーバーのクチブトをゲット!

木っ端尾長や、スズメ鯛に苦しんだあとたったので、かなり嬉しい一枚でした。

その後も、潮がフラフラするなか、潮壁を攻めていくと、35前後が連発!

30リットルのクーラーに、一杯半ほどつり、14時の瀬上がりのため、納竿。

今回の釣果ポイントは、しっかり餌取りをかわしながら、潮を見極め、

なるべくウキのテーパーが大きい高感度タイプのウキでの、微かな当たりを取る!といった感じてすると、釣果有りでした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6回極釣カップ争奪グレ釣り大会

1

2012年・年明け早々・・・極釣会福岡支部(TEAMKIWAME)の第6回極釣カップ争奪グレ釣り大会が開催されました。

参加者全員の日頃の行いが良い(?)せいか・・・天気にも恵まれてグレの引きを十分に堪能できました。

いやぁ〜産卵前のハイテンションのグレの給餌たるや・・

道糸を引き出していくバチバチのアタリがもぅ〜病みつきになりそうな(もうなっとるやんけ〜)・・笑・・

場所は立島・・参加14名がクジの順番に従って瀬上がり完了。

開始時刻の7時を今か今かと・・自分が優勝やぁ〜と皆思っとったかはようわからんけど

とにかく釣り開始・・ぱぁ〜ぁ〜ん

まずは第一関門のエントリ-5枚を揃えることに全神経を・・闘魂注入ぅ〜・・

なぁ〜んと気がついたら9時には`オ〜バ〜を5枚クリアしてましたがなぁ〜・・今日はおいらのワンマンショ〜じゃぁ〜(楽勝・・のつもり・・が)

時間でポイント交代・・それからが参加者全員のメイクスト〜リ〜が始まったとさ・・

終了時間まで追い上げる人・・途中自然リリ〜スしてスタ〜トに後戻りする人・・

自分のリズムが最後までつかめずに自爆する人・・いやぁ〜釣りって本当に面白いですねぇ〜

結果は参加者全員安打でレベルの高い大会に終始しましたとさ・・

なななぁ〜んと・・大会総重量(エントリ〜5枚)63.968`でした。おそるべし立島・・

2

・・・と言うことで優勝は永田A氏(同姓が二人いました・・)

右は第5回優勝の延時氏で左は今大会の審査委員長(OYAZIMARU若船長)です。

オイラ(福岡支部長)は朝一の安心感から神のお怒りをかってしまい2位にあまんじましたとさ・・・チュン・・

ちなみに永田A氏の57cmの尾長はデカかったぁ〜・・

後は恒例の宴会で幕を閉じた大会でした。翌日の大物を夢見て床についたのは言うまでもありません・・ぐがぁぁぁ〜

3

 


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2011ドリームオープンカップ磯

大会当日は、前日からの時化の残り波があり、

なかなか上がれる瀬もなく、ほとんどの方が地磯での竿出しだったみたいでした。

 

午前2時半より受付がはじまり、一人ずつ箱からくじを引いていく。

永田氏が一番に引いたのですが、本人は愕然としていました。

その後に、延時氏がひきましたが、こちらも愕然としています。

なぜなら、同じ1番船のホウエイ丸、2番と3番だったらしく、

もしかしたら、一緒の渡礁になるかもしれない感じでした。

 

親父は、1番船のマルミヤ丸の13番でした。

しかし、相手が悪かった(;一_一)

Kizakuraフィールドテスターの入江氏との対戦。

勝敗はご想像にお任せします。

 

さて、私のくじは、2番船のホウエイ丸、10番でしたので、

1番船の、永田氏・延時氏・親父を見送り、2便を待ちますが、

他の3隻は、すぐに帰ってきては、すぐに2番船の出航!

しかし、私の乗る船が帰ってきません(@_@;)

約1時間近く待ち、ようやく帰ってきたので、みんな慌ただしく荷物を積み込み、

いざ出航!!!

 

港をでるなり、ウネリが襲ってきました。

波が穏やかな所を見て回りますが、どこも先客が・・・。

なんとか空いてる所に下りましたが、すでに4名の選手がいました。

結局、6名での渡礁での競技開始でした。

永田氏に電話してみると、3人で渡礁しているとのこと、

まさか!?・・・。そのまさかで、延時氏と一緒に上がっていました。

今回はくじ運がありませんでした(T_T)/~~~

 

結果!

午前6時〜午後13時までの竿出しにて、イサキ38cmオーバーが一枚と、

クロのキープサイズ10枚を釣り、帰港。

計量して、結果をまちます。

他のクラブメンバーは、残念な結果でした(>_<)

表彰式が始まり、10位までは豪華商品があるので、なんとか入りますようにと祈るものの、

入賞圏外の14位あたり?でしたがっ!なんと、他魚の部イサキにて、入賞しました(^^)v

表彰後、じゃんけん大会での商品争奪戦にて、永田氏と親父が商品ゲット!

約15回ぐらいじゃんけんしてました。

かなりの商品の数でびっくりしましたが、じゃんけんがめっぽう弱い私には縁がありませんでした(笑)

こんな感じで大会が終了し、永田氏と延時氏と、五島での再会を約束して帰路につきました。

多分、延時氏は入院中かなぁ?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いつかの釣行日記

釣行場所・・・・富江・大鯨瀬

天候は曇り

北西の風7m

波高2,5m

悪天候の中、ウネリのかぶる大鯨に、福岡支部長こと永田氏と渡礁しました。

西のうねりがまともに当たるため、釣り座が限られていましたが、根性でウネリをかぶりながら

釣ってみました。

永田氏は、タモが届く高場の足元が悪い場所での竿出しとし、

私は、ギリギリウネリがこない場所にて竿出しをしますが、タモが使用不可なほどのさらしでしたので、

全て抜きあげで釣果をだしました。

使用タックルは、竿が、シマノ・ファイアブラッド・尾長SP・スピードフォース

リールは、シマノ・BB-XハイパーフォースMg2500DHG

道糸は、2,25号で、ハリスは、1,5号〜1,75号を使用しました。

浮きは、三原夢うきの0〜00号を使用しました。

波、さらしがひどいので、水面下での落ち着いた仕掛けをイメージしながら、

手元の道糸に神経を集中して、1投目・・・・。

タナ・潮・生命反応を確認し、仕掛けにひと工夫し、2投目・・・・!?

道糸がバチバチと音をたてて走る当たり!

 

来たぁー!!!

 

軽く合わせを入れ、確実にフッキングしたとたん、リールシートから弓なりに曲がる重量感!!

ウネリを利用して抜きあげたのが、48cmのクチブト!

この後も、入れ食い状態で14時まで竿出しし、52cmを筆頭に、

40cmオーバーを38枚釣っていました。

恐るべし大鯨・・・(;一_一)


5

1
2
3
4

 

 

 
Copyright (C) 2011 極釣会 All Rights Reserved.